· 

法律文書作成の作法と法的三段論法の正体

 

 受験後も長年指導にたずさわってきました。

 今も、ロースクール生の法律文書の添削をしています。

 添削をしていて特に気になるのは、5人中1〜2人ほどは、そもそも法律文書の最低限のルールである「法的三段論法」を理解していないと思われることです。

 そういう方の文書は、圧倒的に少ない条文の指摘、作文や小論文になりかねない論理的根拠の少なさ、解釈論というより立法論に近い理由付けなどの特徴があります。

 

 インプットが進めばアウトプットも進める必要があります。アウトプットのイメージができることでインプットのメリハリが付けられます。これらは両輪として相乗効果をもたらすのです。

 

 

 まず、法律文書にとって必要なことは、読み手(添削者)にとって、「読みやすい論理的な文章である」ことが挙げられます。

 「読みやすさ」のテクニックとしては、❶1文を短くする、❷ナンバリング(第1→1→(1)→ア)をして、適切なタイトルをつける、❸法律要件ごと、法解釈と事実認定を分けて書く、❹接続詞を適切に使う(無理に付ける必要はない)ex.「確かに→しかし→したがって」、「まず→次に→さらに」

 

 

 次に、「論理的な文章」であることが、作文との違いです。裏を返せば、論理的でなければただの作文になってしまいます。

 この論理性を支えるものこそ、「条文」と「法的三段論法」なのです。

 

 条文こそ法律家の拠るべきものであり、法律家の文章は条文に立脚して論じることで、高度な論理性を供えるのです。そのため、適切に関連する条文を根拠として示し、その文言を引用することが求められるのです。

 

 そして、「法的三段論法」とは、「大前提(=法解釈)」に「小前提(=事実認定)」を当てはめて結論を導くというものです。

 具体的には、次のとおりです。これを事例を通じてアウトプットし、マスターしましょう!!

 

❶ 問題提起(条文の指摘!!)

 関連法令・条文を的確にピックアップし、どの条文のどの文言が問題になるのか、文言をかぎかっこで引用して指摘する

❷ 規範定立(=法令解釈!!)

 その解釈について、必要性+許容性(あくまで許容性が重要)の観点から理由を述べて、抽象的な規範を定立する

  許容性→条文解釈として許される、限界を超えていない、枠内であること

  →これがなければ法律の適用ではなく、ただの立法論!!

❸ 当てはめ(=事実認定!!)

 当該規範に具体的事実を当てはめて結論を導く。

条文の根拠や文言を示すこと!関連条文は全て指摘!!

 

 

ダウンロード
法律文書の作成のコツ
20190603法律文書作成.docx
Microsoft Word 35.8 KB

何でも相談できるパートナーに!

 いまだに弁護士というと、個人の方はもちろん事業者の方々にも敷居が高く思われがちです。

 せっかく顧問弁護士がいても、「顧問弁護士には相談しにくい」という声すらよく聞きます。

 いい意味で、「弁護士らしくない弁護士」でありたいと思っています。

 今更ながら、このような場で広く発信し、誰かの力になれる『ご縁』が生まれることを願い、このようなホームページを作りました。

 

 あなたが今悩んでること、困ってること、ぜひ教えてください。

H13.3 清風高等学校卒業

H18.3 京都大学法学部卒業

H20.3 同志社大学法科大学院卒業

H21.12〜 六甲法律事務所

兵庫県弁護士会法教育委員会、同子どもの権利委員会副委員長、同修習委員会副委員長

同志社大学法科大学院アラムナイ・アソシエーション寒梅会会長

関西学院大学非常勤講師、京都大学法科大学院非常勤講師

兵庫県児童虐待対応専門アドバイザー、神戸市いじめ問題対策審議会委員

 弁護士 松田 昌明

(兵庫県弁護士会所属)    

〒650-0037       

神戸市中央区明石町48番地

 神戸ダイヤモンドビル8階 六甲法律事務所

 Tel 078-391-4848

 Fax 078-391-4874